Earl Brawleyさんからのメッセージ

 

Hello, I'm Earl Brawley. I grew up in Coloroado, USA. After studing animation in Vancouver Canada I found a job here in Tokyo. I've been living here 5 years now. I have a beautiful wife and baby boy, but my Japanese skills still need some work!

I have been a vegan for about 12 years. I became a vegan after learning about the terrible way that farm animals are treated. My choice was further strengthened after learning about the health benefits of a vegan diet and have come to believe this the way we are truly meant to eat.
 

I first joined the Tokyo Vegan Meet-up as a member and soon became a regular. The host then, Heather, decided to return to the US and asked me if I would take over hosting the group. I was hesitant at first as I'm bit of a shy, quiet person. But hosting the group has been a lot of fun and I have gotten to meet so many nice people(like Koji-san!).

Some find it hard to be vegan in Japan, but it's really not that hard once you get the hang of it. Being able to read Kanji and speaking some Japanese help a lot. Also, Tokyo has more vegan restaurants then my home town has ever had.

日本語訳

こんにちは、アール・ブラウリーです。アメリカ、コロラド州の出身です。カナダのバンクーバーでアニメーションを学んだあと、東京で就職しました。東京に来てから5年くらいになり、今では美しい妻と息子がいます。でも、日本語はまだまだがんばる必要があるかな。

ヴィーガン歴は12年ほど。家畜が酷い扱われ方をしていることを知ったのがきっかけでした。でも、ヴィーガンの食事が健康にも良いということを知ってからは、僕の決意はさらに強いものになり、今ではこれが僕たちの本来の食事のあり方だと信じるまでになりました。

初めのうちは、一般会員として参加していたTokyo Vegan Meet-upでしたが、すぐに常連となりました。当時主催者だったヘザーがアメリカに帰国することになり、僕にこのグループを引き継がないかと持ちかけてくれました。最初は躊躇しました。僕はどちらかというと人見知りだし、物静かな性格だからです。でもこのグループを主催するのはいつも楽しかったし、多くの友人に出会うこともできました(高橋さんとか!)

日本でヴィーガンでいるのは難しいと感じる人もいます。でも慣れてしまえば、それほど難しいことではありません。漢字を読めて、日本語を少し話せるだけでだいぶ違います。それに、東京には僕の生まれ故郷よりもずっと多くのヴィーガンのお店があるんですよ。