【沖縄 金武】 cafeがらまんじゃく

【沖縄 金武】 cafeがらまんじゃく

自家栽培のお野菜に囲まれた「cafeがらまんじゃく」
魅力あるオーナーの説教を聴きに行こう!

訪問日2014/2/12(水)13:00

Vegan対応が希望の場合は、3日前から予約が必要と聞いていたので、事前に東京から予約をしておりました。
電話の際の対応が何やらけげんな感じだったのですが、その理由はお店に伺ってから分かりました。

那覇市内より1時間ほど車で北上。かつて「がらまんじゃく」と呼ばれていた土地、いろんな種類の植物が生えている一軒家にcafeの看板。ここがcafeがらまんじゃくです。
予約の時間より少し遅れてお店に入っていくと、あなたたちヴィーガンの方?と忙しそうに聞いてきたお店の方。このオーナーの山城清子さんがとてもパワフルなのです。

いろんな国籍の方が予約してきているとのことで、店内には様々なグループ、合わせて20名ぐらいの方がお食事をされていました。
このような場所にと言っては失礼ですが、たくさんのお客さんがいることにびっくり。

メニューを見ながらどうしようかと話していると、オーナーの清子さんがやってきて、
「ヴィーガンはやめた方がいいよ」
「良いカツオのダシを採りなさい、どうする?」とまくし立てます。
聞けば、流通しているお野菜はF1種ばかりだから野菜ばっかりじゃダメ、何百年もご先祖様から受け継いできた食生活がいい。
とのことです。

なるほど、東京から電話した際に変だなと感じた空気はこれだったかと思いました。
そうは言われても私たちも考えもってヴィーガンを続けている身♪
植物性のみで、と季節の食材40種てんこ盛りの「がらまんじゃく定食」2500円をお願いしました。

待っている間、外を眺めると、やっぱりすごい植物の数々。
この店の周囲にぼうぼうに生えてるほとんどの植物が、食べられる野草とのことでびっくり!
それもほとんどほったらかしとのことで、自然栽培か?と期待が高まります。

がらまんじゃく定食、これがまたすごいボリューム。
季節の食材40種類ですからそれだけでもすごいのですが、御芋も沖縄原産のものがゴロっと乗り、おにぎりから味噌汁から、本当にいろんな野菜がぎっしり。
多くはお店の周りで採れたもので、在来種の野菜から来るパワーも感じますし、そこに活きた味付けをしてくださっているのも素晴らしいです。
味噌汁の野菜ダシも思いのほかうまくできたらしく、清子さんもご満悦^^

「沖縄の芋は体にいいよ」
「玄米は新米は食べちゃダメ、力がありすぎるから」
「ヴィーガン長いの?こんなすごい野菜初めてじゃない?」
「おなかびっくりしてるよ、きっと」
と私たちの席にやってきては説教していく清子さん。
正直、味噌汁あったかいうちに食べさせようという考えはないのか??とかちょっと思ってましたが、良い野菜が無くなってきたなど、おっしゃることには納得できる点もいっぱい。

それとすごかったのがこれ、野草が何種類も入った酵素ジュース。
あとで「試してみる?」と言われた原液はさらにすごかったですが、悪いものがどんどん出て行きそうな感じでした^^;

今はヴィーガンをオシャレでやっている人が多い。
野菜の実情を知らない、男が産まれなくなってそのうち日本人はいなくなるよとしきりに心配されてました。
自然に生えている野菜を食べなさい、と。
ちょうど昨年、私たちも固定種やF1種については勉強していたところなので、清子さんとは意気投合。
つまりは本当に相手に愛情をもって接してくれてる方なんだということが分かりました。
決して面倒な人ではありません(笑)

次のお店の約束がありましたが、だいぶ予定の時間をオーバーして話し込んできました。
最後にはヴィーガンの人を送り込んできなさい、説教してあげるからと言われてきました。
ヴィーガンの方で、野菜の選び方についていろいろ説教をもらいたい方は、ご予約の上どうぞ足を運んでください^^

帰りには島ばななをおみやげに頂き、駐車場まで見送りに来てくれたかと思えば、そこに自然に生えているネギを抜いて、いい香りでしょ~と沖縄なまりで教えてくれて。
私たちのこと、すごく気に入っていただいたようです。あったかいです。

【お店情報】

国頭郡金武町字金武10507-4
098-968-8846
11:30~18:00火・ときどき水休

お店のHP
http://garamanjyaku.ti-da.net/